project_01
project_02
project_03
project_04
project_06
project_05
project_10
project_07
project_08
project_11
previous arrow
next arrow

外資系ホテルや高層オフィスが立ち並ぶ都心の高級タワーマンション。
英国や米国在住の経験を持つご主人と海外ドラマがお好きな奥様のお住まいです。
「ラグジュアリーでリラックスできる空間にしたい」とのご要望でした。

都会のラグジュアリーにふさわしくアールデコのエッセンスを取り入れ、幾何学的な造形にガラスやメタルで煌めきを演出しながら、丸や曲線のモチーフを散りばめることで、モダンなかっこよさと居心地の良さを兼ね備えた空間を目指しました。

【リビング&ダイニング】
ソファは重量感のあるフォルムに足元のクロムが美しいイタリアMinotti。
ブラウンベルベットの張地で重厚な雰囲気を醸し出します。
FLOSアルコランプやアメリカから取り寄せた丸モチーフのサイドテーブルを組み合わせ、リズムを作ります。
リビングテーブルはお客様ご自身で選んだハードカバー本と共に、オブジェや花を飾り冬はキャンドルを灯して過ごします。植物やクッションを多数配することで、ラグジュアリーかつリラックス感のあるインテリアに仕上がりました。

ダイニングに設置したヴィンテージのシャンデリアは、縦ラインを強調するデザインで2.6mのマンションの天井高を実際以上に高く見せてくれます。
ダイニング横のコンソールテーブルとミラーは、英国の高級家具メーカーTom Faulknerのもの。天井高や内装に合わせてサイズや仕上げを指定して特注製作し、半年以上かけてイギリスから送っていただきました。

【寝室】
Diorのワンピースが似合う華麗な奥様の寝室は、アイボリー色をベースに真鍮色、丸・曲線のモチーフを散りばめることで、柔らかさと居心地の良さを兼ね備えた空間を目指しました。

寝室で身支度を整えたりくつろげるように、テーブルと椅子のスペースを設けました。
脚が真鍮色のガラスのテーブルはアメリカから取り寄せたもの。Viennaの椅子と組み合わせました。
真鍮のデコラティブなフロアライトはヴィンテージです。

ナイトテーブルとチェストは特注デザイン。取っ手も真鍮色を選びました。
日本はナイトテーブルの種類が少なく、空間に合うサイズ・デザインのナイトテーブルが見つからないのです。

特注チェストの引き出しは鍵付きのジュエリーボックス。お持ちのジュエリーに合わせて設計しました。
魅力的なワインレッドの張地はMystere Boysenberry(神秘的な木イチゴ)という名前です。
ゴールドのジュエリーが美しく映え、 引き出しを開ける度に気分があがります。

チェストの上にはガラス花瓶をモチーフにした油画、ナイトテーブルの上には水彩画を飾りました。(どちらも伊藤朋子作)
淡くて優しい色使いが、穏やかな寝室の雰囲気にぴったりです。
ベッドスプレッドやクッションは、肌触りの良いイギリスやイタリアの上質な生地でオーダー製作しました。

窓から見える都心の夜景を眺めながら、ゆっくりと優しい時間が流れるベッドルームです。

Project TOPへ

TOP