男の隠れ家

EY DESIGN portfolio

東京都心のタワーマンション。
会社経営者男性のお仕事用セカンドハウスです。

賃貸マンションですがオーナーと管理会社の了承を得て、壁紙変更、照明計画、造作家具で内装を一新しました。

インテリアのテーマは“男の隠れ家”。

水槽と観葉植物
ワインセラーとウイスキー
マッサージチェアと70インチの大型TV
お客様の好きなものをいかに組み入れていくかが課題でした。

リビングにはワインセラーとアクアテラリウム水槽を組み込んだ幅3mの特注家具をデザインし、カウンターにはお酒を並べて夜のBar Timeを楽しみます。
インテリアはシックなカラーをベースに、幾何学柄にメタル、レザー、ガラスを組み合わせ、男の遊び心を感じられる空間を目指しました。

EY DESIGN portfolio

Location

Tokyo

Year

2024

Project Scope

一部リノベーション

Client

男性

01

アクアテラリウム水槽付バーカウンター

水槽も置きたいし、ワインセラーも置きたい。
そんなクライアントの希望にこたえるべく、水槽とワインセラーを組み込んだ特注バーカウンターをデザインしたところ、大喜びで採用いただきました。

 

ろ過機や配線など水槽に必要な機器類は全て家具内に納めるように設計。アクアテラリウムは定期メンテナンスサービスをご紹介し、餌やりや照明on/offも自動のため、お客様は手間をかけずに魚や植物を楽しむことができます。

EY DESIGN portfolio

02

ファブリックで遊び心を

男の隠れ家と言えばレザーソファ。
上質なイタリアMinottiのレザーソファを採用しました。

おしゃれでユーモアのあるお客様の個性はファブリックやアートで表現し、カラフルと遊び心をプラス。
ソファの幾何学柄クッションはイギリスROMOの生地でオーダー製作。
以前からお持ちだったAlfrexラウンジチェアも、同じくイギリスROMOの幾何学柄の生地で張り替え、雰囲気を一新しました。

EY DESIGN_Portfolio

03

マッサージチェアと映画で完璧な夜

寝室にはマッサージチェアを置き、向かい壁には70インチの壁掛テレビを設置。
チェアやベッドに寝ころんだ状態でテレビや映画を観られるようにしました。
仕事の疲れを癒せる空間です。

EY DESIGN portfolio

Photo by 後藤徹雄

Customer's Voice

帰宅するたびに何とも言えない心地の良い幸福感に浸りながら空間を味わっています。
充電できる空間にもなっていて大満足です。

山口さんには自宅やオフィス等、これまで何度もデザインの依頼をしていますが、大胆な発想と実行力で、想像以上の空間を完成してくれます。
私の好みを誰よりも理解してくれますし、運用も考えたきめ細やかな提案でいつも信頼してお願いしています。